今年は自分にとって様々な面で不運な年回りである。


そう感じているのは思い過ごしだろうか?


唐突に愚痴で始まってしまったが、今回のレポが厄払いになる事を願う。


このお盆休みは所用が多く登山を諦めているが、合間を見て近場にネタ探しに出掛けている。


矢板市東部の豊田地区にこんな公園があるは余り知られていない。


自分は以前から知っていたが、立ち寄るのは今回が初めてだ。


案内標識もリニューアルされ綺麗になっている。


手前の無料駐車場から歩いて行く。



 


 


 


畦道に咲く雑草も何となく綺麗。



 


 


 


<矢板の伝説>


鮎の友釣りや箒漁などが盛んに行われた清流・箒川が一望できる


矢板市豊田地区の最東部にある小さな広陵。


802年に奥州征伐の命を受けた征夷大将軍、坂上田村麻呂が京都から大群を率いて当地まで来た時、


遠くに敵の影が見えた。


ここで戦う準備をしよう。


そう決意した将軍はこの小高い広陵に陣を張り宿営した。


それから1200年後、当広陵は『将軍塚』と呼ばれ、その後展望公園として整備された。


その広陵を登り、清流を眺めると不運を箒で流しご利益があると密やかなブームになった。



 


 


 


遊歩道が整備されている。



 


 


 


整備されているといっても周りは雑草が生い茂り、訪れる人は少ない様に思われる。


公園内は除草剤が撒かれ雑草が変色していた。



 


 


 


丘の頂上には将軍塚の碑が建立されている。


※(画像クリックで将軍塚の由来)



 


 


 


私も伝説に肖って展望公園より箒川を眺め不運を流す事にした。


とその時、画像右下の黄色の花が咲く一画が気になった。


えっ、もしかして菜の花・・・?(最近目が悪くなっている)



 


 


 


一旦丘を降りて何かに誘われる様にその場所に向かった。


すると、山間の休耕田に丘の上からは見えなかったヒマワリ畑が出現。


目の前に広がる眩いばかりの美しき光景に感激。


という事は、あの黄色の花も・・・。



 


 


 


間もなく丘の上から見えた一角に到着。


やっぱりヒマワリ畑でした。


休耕田のヒマワリ畑は良く見るが、これほど咲き揃った見事なものは珍しい。


一斉に背を向けているので反対側に周ることにした。



 


 


 


背景の広陵は展望公園。



 


 


 


青空でないのが残念だが実に夏らしい風景だ。



 


 


 


ヒマワリ畑からの帰り道には土手に咲くこんな花も見かけた。



 


 


 


彼岸花科のキツネノカミソリ(狐の剃刀)。



 


展望公園から清流を眺め、これまでの不運を掃き流した後のヒマワリ畑。


果たしてこの黄色は自分にとってのラッキーカラーとなるのだろか?