前回の記事のまま更新されていないと思い、拙ブログから立ち去ろうとしているそこの貴方・・・


ちょっとお待ちなされ~!


新規の記事ですので、どうかそのままお立ち寄り願います^^;


 


 


 


先週の休日に続き同じ塩谷町の富士山に行って来た。


自慢じゃないが、2週続けて何も無い里山に登る物好きは俺くらいだろう!



 


 


 


取り付きは前回と同じ民家の庭先から通じる作業林道。


他にも激藪をかき分けての道もあるらしいが、この林道が一番無難であろう。


近隣の番犬に吠えられたのは前回同様。


山頂手前の大きな岩には穴が数箇所開いているが、特にお宝などは隠されていない様だ。



 


 


 


 



 


 


 


展望良く居心地の良い山頂。



 


 


 


無風で先週よりも暖かい。 



 


 


 


今週も来た理由は、前回気になっていた北側に伸びる尾根道のこと。


丁度タイムリーな事にトラックバックを頂き、ここを辿れば周回出来ることを知った。



 


 


 


早速いくつかのポイントを頭に入れ尾根を下った。


勿論、自己責任を原則に歩きます!


石祠からやや右に折れる・・・



 


 


 


富士浅間の碑石と壊れた石祠・・・



 


 


 


朽ち果てたアンテナ・・・



 


 


 


一気に尾根を下ると平坦な薄薮に出て、間もなく民家裏から道路に復帰。


かつての信仰隆盛時は、ここが本来の登山道(参道)となっていたのかも知れませんね。



 


 


 


さて、明日(24日)は栃木県で最も美しいと言われる冬景色との出会いを・・・



 


楽しんで来ましょうかね。