栃木県南東部、茂木町の雲海で有名な鎌倉山に行って来た。


標高は低いが那珂川を眼下に八溝山系を一望できる。



 


 


 


晩秋の早朝には蛇行する那珂川に霧がたちこめ、日の出の時間は幻想的な風景が見られる。



 


 


 


日の出の瞬間を撮影しようと思ったが、いつの間にか太陽は昇っていた。



 


 


 


 



 


 


 


那珂川にたちこめる霧を撮りたかったが、雲が多過ぎて願いは叶わず。


今朝は条件が悪かったようです。



 


 


 


いつまで経っても変化の無い風景に飽きてこんなものを撮影。



 


 


 


 



 


 


 


同じような画像を並べるのはいつもの癖。



 


 


 


 



 


 


 


 



 


立派な機材を構えたカメラ愛好家たちが好位置を占領している。


コンデジの自分は少々気後れして早々に切り上げる。