八方ヶ原の紅葉が見頃との情報で、生憎の曇天でしたが行って来ました。


朝の小雨が止んだのを確認してから県道56号線をドライブ。


麓から望む高原山も半分くらいは見えていました。


 


 


 


沿道の紅葉は雨でしっとりと濡れて艶やか。


両側の林の中は見事な色付き。



 


 


 


 県道塩原矢板線で一番の紅葉スポット。


素練橋からの素晴らしい眺めは絶景でした。



 


 


 


 晴れていたらどれだけ美しかったか・・・。


知る人ぞ知る絶景ポイントですね。



 


 


 


那須や日光の様な派手さは無いが、趣きのある落ち着いた紅葉です。 



 


 


 


見頃は今週一杯でしょうか。 



 


 


 


 道路から眺めるだけでは物足らず、スッカン沢の駐車場から遊歩道に入る。



 


 


 


紅葉の中に突入!



 


 


 


 



 


 


 


 



 


 


 


スッカン沢です。 



 


 


 


 目的地の仁三郎の滝。



 


 


 


 雄飛の滝。



 


 


 


 県道から僅か1.5km。


本来は学校平からの滝めぐりコースの後半となります。



 


 


 


こんな日でも沢山のカメラ愛好家が訪れていました。 



 


 


 


 さて、その後塩原温泉まで来たところで考えた。



 


 紅葉の穴場と言えば、もう一つ寄りたいところが有りました。


そちらの紅葉は息を呑むほどの美しさでした。


続きは後日。


 


※今回のシリーズはいつに無く素直な文章です。