霧降高原丸山ハイキング後の時間は充分有りました。


途中で日光三大名瀑の一つ霧降の滝に寄り道した。


駐車場から観瀑台までは遊歩道を少し歩きます。


周辺の紅葉は漸く色付き始めたばかり。


見頃になるのは10月末くらいでしょうか?


 


 


 


観瀑台からの赤薙山、女峰山は雄大な姿を見せていた。



 


 


 


 全長75mの霧降の滝。


紅葉するとさぞかし綺麗でしょうね。



 


 


 


 その後知る人ぞ知る、隠れ三滝をめぐるコースを歩く事にした。


スタート地点は霧降の滝駐車場西側のツツジヶ丘。


そこから霧降の滝上流を目指します。


大山ハイキングコースとして遊歩道が整備されています。



 


 


 


休日なら賑わうであろう遊歩道も平日は閑散として寂しい。


人気の無い一人旅。



 


 


 


暫くすると途中で何かの気配を感じる。


キツネかタヌキ、それとも・・・?


失礼しました。


妙齢の女性ハイカーがこちらに向かって来るではないか!


霧降川に架かる木橋が水没していて渡れず、滝を見ずして戻って来たという。


それを聞いて躊躇したが、男性なら大丈夫と言われ行ってみた。



 


 


 


斜面を下っていくと沢筋に出ます。 


現場に着くと、なるほど橋が水没していました。


自慢の長いコンパス(足)で難なく石と石を跨いで渡りました。


(本当は多少のジャンプ力が必要)



 


 


 


 間もなく丁字ノ滝との分岐に出ますが、玉簾ノ滝を最初に目指します。



 


 


 


玉簾ノ滝(たますだれのたき)。



 


 


 


 更に近づいてみた。



 


 


 


 そこから更に数キロ進むと小さな木橋が見えてきます。



 


 


 


渡った先に出現したのはマックラ滝。


名の由来は判りません?


ここまで来てようやく人がいました。



 


 


 


マイナスイオンをたっぷり浴びての至福のひと時。 


ここで昼食とする。



 


 


 


 分岐に戻って最後は丁字ノ滝(ちょうじのたき)に寄りました。


すると、ここで何処かで見覚えのある女性と会う。


良く見ると来る途中で橋が流されたのを見て諦めた方でした。


遊歩道ではなくて一般道路から入って来たそうです。



 


私はここで得意の妄想ブログを考えた。


彼女はこの滝に棲みつく精霊で、私を滝壺の中へと誘い・・・


今回はこれ以上話が膨らまず諦めた。


 妄想ブログはまたいつか・・・?


 


 


三大名瀑に負けず劣らず、隠れ三滝は何れも見事でした。


 【隠れ三滝をめぐるコース】


霧降の滝観瀑台~ツツジヶ丘~大山ハイキングコース


~玉簾ノ滝~マックラ滝~丁字ノ滝~ツツジヶ丘


行動時間 約1時間30分


※通常はちろりん村からのコースが便利。