9月20日の燕岳登山の最終話、山頂編となります。


長い間お付き合い有難うございました。


 


 


 


速報記事はこちら


中房温泉から合戦小屋編はこちら


合戦尾根から燕山荘の展望編はこちら


 


 


 


燕山荘を後に山頂に向かいます。


雲ひとつ無い青空に白と緑のコントラストが美しく映える燕岳。



 


 


 


白い砂礫の稜線上には、コマクサやトウヤクリンドウなどの咲き残りも見かけました。


今回は珍しく花の写真は殆ど撮りませんでした。


それ以上にアルプスの景色が素晴らしかったという事です。



 


 


 


こちらはイルカ岩、自然の不思議な造形美です。



 


 


 


 歩いて来た燕山荘方面を振り返る。



 


 


 


 



 


 


 


白い 花崗岩と緑のハイマツが織り成す見事なコントラスト。


そして岩のオブジェが無数に立ち並ぶ不思議な光景。



 


 


 


その白き山頂も間近。



 


 


 


最後に岩をよじ登り到着。



 


 


 


 ここまで4時間半、ほぼコースタイム通りでした。



 


 


 


 私たちは 山頂で昼食後、風景を存分に楽しみ至福の時を過ごした。


北燕岳への稜線と背後には立山連峰。



 


 


 


北鎌尾根を従えド~ンと聳える槍ヶ岳。


 何度眺めても惚れ惚れとする登山者憧れの山。


これを見ると登ってみたくなる気持ちは理解出来ます。


次なる挑戦は槍ヶ岳、そして大キレットを越えて北穂高、奥穂高、ジャンダルムまで!


・・・


調子に乗り過ぎました(汗)。


私には無理です!



 


 


 


山頂からの富士山もお約束です。



 


 


 


涙が出るほどの感動の時間はあっと言う間に過ぎていった。 


この素晴らしい風景を脳裏に焼付け山頂を後にする。



 


 


 


再び燕山荘前の分岐に戻ります。



 


 


 


さよなら燕岳。



 


 


 


下山は高速でと思いましたが、登山道が狭くすれ違うのに待ち時間が多発。


寝てないので時折目眩がするなど、いつもより疲労もあります。


青空と紅葉と素晴らしい眺望を楽しみながら、まあ、ゆっくりと戻る事にしましょう。



 


 


 


 



 


午後2時過ぎ約8時間の山歩きを終え、無事に登山口の中房温泉に戻った。


これ以上最高の条件は無く、強行軍であったが良い思い出となりました。


何から何まで有難うございました。 


 


尚このシリーズにはおまけがあります。