9月19日(土)、連休前の仕事を終えケータイのメールを確認すると、あるブログ仲間から山への誘い。


帰宅後℡をすると、北アまたは飯豊に行きませんかとの事。


私は迷わず北アルプスを希望。


急いで登山の準備を済ませ夜12時の出発に合わせ、入浴後仮眠をとる為ベッドに横になる。


しかし行き先の燕岳の情報が気になりパソコンの前に・・・。


結局一睡もせず、その方の家から一路長野県安曇野市に向かった。


登山口の駐車場は連休中と言う事もあり超満車状態。


苦労して駐車し登山口の中房温泉に向かった。


 


 


 


慌しく朝食を済ませ、20日(日)朝6時過ぎに登山開始。


山頂までの標高差は1300m。



 


 


 


シルバーウイークの真っ只中、北アルプスの中でも安全で人気の燕岳。


多くの登山者が列を成して進んで行きました。


安全な入門コースとは言え、北ア屈指の急登が続く合戦尾根。


バテないようにゆっくりとしたペースで呼吸を整えながら歩く。


ある程度進むと丁度良いタイミングでベンチがあり休憩をとる。



 


 


 


そうそう、今回お誘いして頂いた同行者はこちらの方です。


今年3回目のコラボ登山となりました。


ブログでは謎めいた存在ですので、残念ながらその男前の姿は公開出来ません。



 


 


 


暫くは針葉樹林帯の中を歩きますが、徐々に辺りが開けてきます。



 


 


 


富士見ベンチからはその名の通り富士山の遠望も。



 


 


 


 



 


 


 


高度も増し木々の葉も色づき始めています。



 


 


 


そして2時間40分後、標高2350mの合戦小屋到着。



 


 


 


合戦小屋地名の由来はこちらをクリック



 


 


 


評判のスイカも売っていました。


値段は高めですが、山でスイカが食べられるなんて最高の贅沢。



 


 


 


さて、充分に休憩を取った後は次なる目的地の燕山荘を目指します。



 


 


 


暫く尾根を行くと突然展望が開け、方々から歓声が上がる。



 


 


 


大天井岳の先に槍の穂先が見えています。



 


雲ひとつ無い青空と素晴らしい展望の待つ山頂へ。


これぞ北アルプス!


次回に続く。