某日朝、無計画な私は突然奥日光を目指し家を出た。


天気予報では朝晩曇り、日中は晴れ間も出ると言う。


「夏の終わりに爽やかな奥日光を歩こう。」


そんな気分でした。


いろは坂を登り終えるまで迷いがあった。


戦場ヶ原か小田代ヶ原をのんびり歩くのも捨てがたい。


 


 


 


結局は立木観音前駐車場に降り立ち中善寺湖畔を歩き出した。


男体山は雲に隠れているが、その内顔を出すのだろうか。



 


 


 


爽やかな風を受け足取りも軽快♪


緑に覆われた自然豊な歩道を進むと、『イタリア大使館別荘記念公園』に到着。



 


 


 


かつて「夏の間は外務省が日光に移る」


・・・とまで言われた避暑地としての賑わいは今では遠い昔。


実に静かな湖畔である。



 


 


 


ご婦人達は小波と戯れ、残り僅かな夏を楽しむ。



 


 


 


私の興味は湖の遥か先の山々。



 


 


 


日光白根の堂々たる姿。



 


 


 


八丁出島の先には、三角錐の山容が美しい社山。


残念ながら山頂付近は雲に覆われている。



 


 


 


誰もいない静かな湖畔を更に進むと、白い砂浜が美しい阿世潟に到着。



 


 


 


かつての賑わいを彷彿とさせる優雅な光景である。



 


 


 


さて、このまま歩き続け中禅寺湖一周するのも良し。


・・・・・


 


 


 


 


 


 


そんな訳ないっしょ!


ここまで来たら行くしかないですよね。


あの山に・・・。


 


 


スミマセン、また引っ張ってしまいました。


  次回、今度こそ本編に突入?!