最近漸く季節限定のアルバイトを終えた女房です。


労をねぎらう為にドライブなどに誘いました。


行き先をはっきり決めず、何となく那須高原に車を走らせた。


 


 


 


板室温泉を通り抜け、最初に立ち寄ったのは乙女の滝。



 


名前の由来は若く美しい女性が髪の毛を洗っていたから。


または、滝の水が乙女の髪の毛に似て見える為だとも言われている。


 


 


 


そして、何十年か振りにこんな所に来た。


子供が小さい頃は入場無料という事もあって何度か遊びに来ました。



 


 


 


 


過日の新聞にヒマラヤの青いケシの記事が載っていた。


そんな事が頭の片隅にあったので、何となく足が向いたのだろう。


珍しそうな花なので興味もあった。



 


ヒマラヤの登山者にとっては幻の花なのでしょうか? 


 


 


 


 


ロックガーデン(有料)には他にもコマクサなど沢山の植物が植えられていた。



 


家を出る頃はどんより曇り空でしたが、那須高原に近づくと青空も見えてきた。


どこか軽めの散策でもして行きましょうかね~。


久々の那須高原も何となく面白そう♪