24日(日)に八方ヶ原のツツジの様子を見てきました。


午後からは雨の予報なので、朝早くに小間々のPに降り立った。



 


 


 


周辺はヤマツツジの赤が全開。



 


 


 


今日の目的は『小間々の女王』と呼ばれるトウゴクミツバを探すこと。


以前に市の広報で紹介されて気になっていた。


詳しい場所が分からないので、暫し周辺を右往左往した。


間もなく発見したが、既に花は終了!


また、来年のお楽しみですか。



 


 


 


 その後大間々まで向かった。


大間々はレンゲツツジの群生地。


まだ多くは蕾ですが、少しずつ開花も始まっています。



 


 


こんな天気にも関わらず駐車場は多くの車。


八方ヶ原はツツジの時期は大人気だ。


身支度を済ませ剣ヶ峰方面に向かう登山者も多い。


午後は雷予報も出ているのに大丈夫でしょうか。


他人事ながら心配してしまいます。


 


 


 


私はミツモチ山へのやしおコースから、シロヤシオの群生地に向かった。


既に盛りは過ぎた様ですが、何とか見ることが出来ました。



 


 


 


 最後に学校平(山の駅)周辺を散策。


見頃を迎えたレンゲツツジの先に大入道。


今週末はシロヤシオハイクで賑わうでしょう。



 


 


 


2時間近く八方ヶ原をうろつき、雲行きが怪しくなってきたところで退散。


 


 


さあ、今度こそ青空の下を歩きたい!!