『ベイビー、愛し合ってるかい?』



この度、おやじロックンロールバンドを結成しました。



パートはベースギター。



レパートリーはザ・ビートルズやローリング・ストーンズなどの60~70年代サウンド。



ビートルズのポール・マッカートニーの様な、軽快なメロディラインを奏でます。









・・・



って、全部「嘘」です。







実はこのベースギターは高校生の長男が最近ネットで購入したもの。



道理で定額給付金を早く欲しがっていた訳だ。



プラス小遣いで買えるくらいの代物なので、そう高価なものではなさそうだ。



それにしてもどういう目的で買ったのだろう?







思い起こせば、彼の音楽好きは幼少の頃から続いている。



姉の見様見真似でピアノを弾くのは好きだった。



幼稚園のころには自分で貯めた小遣いでシンセサイザーを買った。



親にねだっても断られるのを悟っていたのだろう。



中学生になるとクラリネットに興味を持ち、小遣いで購入して練習していた。



そして高校では吹奏楽部でサックスを担当。



練習用のMyサックスも持っている。



そして今度はベースギターに夢中のようだ。



バンドをやるようには見えず、今のところ個人で楽しむ範囲なのだろう。







音楽オタク止まることを知らず!







おっと、これ以上書くと後でばれた時にヤバイ。



人のことネタにするなと叱られそうだ!



因みにオヤジの定額給付金は、何に使ったか分からない内に消えてしまった。











※ローリング・ストーンズの話題が出たところで懐かしい曲を2つ。





116 悲しみのアンジー(ローリング・ストーンズ)







Rolling stones - jumping jack flash