少年は行き交う列車をいつまでも見ていた


心は旅の中


北へと向かう寝台に揺られ


南へと向かう貨物に揺られ


少年の思いを乗せた列車は何処に向か


 


 


 


 


 


 


ふと気が付くと少年は街中を歩いていた 


春の香りに誘われて


旅人となった


 


 


 


目的の無い旅 である


足の向くまま自由気ままに


 



 


少年はこんな当て所も無い 旅が好きだ


歩きながら空想もする


一人自転車に乗り海に向かった事


或いはヒッチハイクで北海道を周った事など


取り留めの無い空想世界


 


  


 


少年はいつの間にか線路に佇んでいた


彼の目線の先には憧れの山が 聳える


この線路を歩き続ければ、あの山に辿り着くのだろうか


 



 


少年はあの山が青空に向かって背伸びしているかの様に見えた 


 


青空に


背伸びしている


山と山


 


 


 


 それは感受性豊な少年だからこその表現である


 


 


※いや~、苦しいブログでした(^^;)


なんだかんだ言っても、駅周辺をうろついただけっすから~♪