県内は今シーズン最高の冷え込みでした。



天気は良好、身体がウズウズ!



里山日和ですな~♪



前回の萬蔵山で失敗したので、今回は展望の良い山を探していた。



最初は以前登ったことのある宇都宮の鞍掛山が候補でした。



いつも参考にしているHPを見ると、その近くに展望の良い山がある事が分かった。





その名は 男抱山(おただきやま)





場所は宇都宮市徳次郎町、R293沿いの「ろまんちっく村」北側。



車は登山口に数台止められそうだが、お墓の横で何となく嫌な感じだ。



近くのコンビにで昼食などを買い、その時にお願いして車を置かせてもらった。







薄暗い登山道を歩いていくと間もなく分岐に出る。









この山は双耳峰で東峰が男抱山、西峰が富士山となっている。



参考ルートに従い右側の男抱山へと向かう。



鳥居を潜るといきなり急登の始まりです。









サクサクと落ち葉を踏みしめ、楽しい初冬の山歩き。



今のところ誰も居ない静かな山旅。









尾根に出て間もなくすると大きな岩が見えてきました。



この岩には名前があるのでしょうか?









そこからロープの垂れる岩をよじ登ると・・・









男抱山頂(338m)です。









山頂からの展望は思った以上に素晴らしい。



360度の大展望じゃないっすか!



『岩の上のポニョ』となったオヤジは大満足^^♪









宇都宮市など関東平野を一望、その先には加波山~筑波山などの茨城の山々。









宇都宮アルプスの彼方に高原山。









そして、何よりもこの時季の楽しみは・・・





そうです!





富士山!!





今日も見えましたよ~♪







さあ、次はこっちの富士山からあっちの富士山を見てみましょうか♪



続きは後日。







にほんブログ村 アウトドアブログへ





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ