8月19日、霧に煙る納沙布岬に向かった。



昨日出会った女性サイクリストの大森さんと再会し、岬まで一緒に走った。





彼女が野宿をする際は、いざと言う時の為に懐にナイフを忍ばせて寝ると言う。



野宿は男性2人でも怖いのに勇気ある女性です。







8/19 日本最東端 納沙布岬(根室市)









北方領土返還に寄せる熱い思いが切実と感じられる。



歯舞諸島を含む北方四島は濃霧の為見えず。











8/20 根室市を後に、厚岸町の秘境霧多布湿原を経て霧多布岬に向かった。









8/20 霧多布岬灯台







霧の納沙布岬



8月19日(金) 曇りのち晴れ



今日は朝のうちは曇っていたので、のんびりと時間を潰してから出発。

納沙布岬に向かっている途中で晴れ間も出てきた。

ところが岬に着いたら辺りは濃霧!

北方領土となっている島は残念ながら見えず。

灯台下の崖から岩場を見ると、北方領土返還を求める北方漁民などの切実な思いが岩に書かれている。

霧の向こうのその島々を、自分はただ黙って見つめるだけだった。

納沙布岬に来る途中で、昨日出会った女性サイクリストの大森さんと再会した。

自転車での一人旅、勇気ある女性だ!

今夜も昨日野宿した友知のバス停で泊まることにした。

バス停の待合所でこれからの旅の計画を練った。

ここ最近、相棒のカバチが何故か早く東京に帰りたがっている。

この後ペースが早まるかも知れない。

そんな自分も最近は毎日のように家に帰る夢を見る。



しかし、残り少ない旅を楽しむ為に焦らず充実させよう!







次回は摩周湖から屈斜路湖へ、そして阿寒湖まで♪







日本一周サイクリング、これまでの記事はこちらです。







~この記事は31年前(1977年)、私が20歳の時の記録です。~







にほんブログ村 アウトドアブログへ





にほんブログ村 自転車ブログへ