9月23日(火)に、福島県桧枝岐村の燧ケ岳に登ってきました。



今回はその下山編です。



尾瀬沼を眼下に、俎から足元に注意しながら東へ岩稜を下ります。









途中、イヨドマリ沢からの尾瀬ヶ原。



・・・だと思います。









ミノブチ岳から左へ、長英新道の樹林帯へ入ります。



別れを惜しむように俎山頂を振り返る。











とにかく、長い長~い下山道でした。



何よりも私たちを苦しめたのは、このぬかるみ!(沢ではありません)



長英新道の樹林帯に入ると、尾瀬沼北岸の木道に出るまで最悪の悪路でした。



お陰で予想CTよりも大幅に時間が掛かってしまいました。









13:10 ようやく長蔵小屋の見える大江湿原に到着。



歩きやすい木道にホッとします。









軽い食事しか摂ってないので、長蔵小屋で休んで行く事にしました。









小屋前の花壇?に咲く、トリカブト。









長蔵小屋から見る燧ケ岳



ここでAさんのお子さんから素朴な質問。



「あの山何て言うの?」



って、今登ってきたばかりなのに^^!・・・彼には別の山に見えたらしい。









売店前のベンチでカップラーメンを食べ腹ごしらえ。









大江湿原の木道を歩き下山します。



燧ケ岳の雄姿を目と心に焼き付けます。









大江湿原から望む燧ケ岳









湿原では、草紅葉の他にもリンドウが見頃。









のんびり風景を楽しみながら歩いて行きましょう。

















これからは木々の紅葉が待たれます。

















もうそろそろ、大江湿原ともお別れです。









15:05 樹林帯を抜け沼山峠到着。







15:40 バスで出発地の御池到着。





※今年1番の好天に恵まれ、素晴らしい山歩きでした♪









にほんブログ村 アウトドアブログへ





にほんブログ村 自転車ブログへ