山仲間のAさん親子と3人で、名峰男体山に登ってきました。



今月下旬の夏休みに飯豊縦走を計画しているのでその足慣らしです。



Aさんは先月の会津朝日岳の時に履いた、新品の登山靴に不安がある為。



私も最近足が攣りやすく、一抹の不安があります。



今日は午後遅くになってから雷雨の予報が出ています。



矢板を午前4時半に早めの出発。



登山口になる日光二荒山神社登拝門から6時20分に登山開始。



登拝門をくぐると、こんな石段が待っています。













ここからはひたすら登る一方です。



2年前の秋に裏男体コースを登った事がありますが表は初めて。



Aさん親子(中学生のお子さん)は、初の2,000m越えです。



3合目から一旦工事用車道を歩き、4合目から再び登山道に入ります。













きつい急坂の連続です。



7合目から8合目にかけては、特にきついガレ場です。



ガレ場を登って来る登山者。









そう言えば、6合目を過ぎたところで会った年配の登山者曰く、



「この先が面白くなりますよ」



と言っていたのは、このガレ場の事でしょう。



その方は後で会うことになる、超人の記念登山の露払いで登っているとの事でした!











8合目を過ぎ、暫くすると視界が開けてきます。













山頂も近くなり、足取りも軽やか♪



天気が良く展望も良さそうです。



中禅寺湖が一望出来ます。



その向こうには、足尾の山々。













足を止めて暫し絶景を楽しみます。













それでは、いよいよ山頂に向かいましょう!













9時20分、ちょうど3時間で山頂(2,486m)到着。













山頂に立つ神剣の前で記念写真。













山頂は全く雨の心配が無い青空です。



ドーム状の日光白根山が見えます。













さてさて、今回私たちはある超人のとんでもない記念登山に出くわした様です。



後日、山頂からの展望と共に詳細をご報告致します。







にほんブログ村 アウトドアブログへ





にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ