この3連休は天気が良かったので日本百名山の霧ヶ峰と美ヶ原(長野県)の2座を歩いて来ました。
金曜日の21時半ごろに家を出て車山肩に着いたのが約4時間後。
今回の遠征の核心部は片道260kmのロングドライブ。
年に1度あるかないか?の高速道路運転なのでそれだけでも疲れ果ててしまった(^^;)
よって、ハードな登山は端から却下。お手軽に歩けそうな名山2座を選んだ。
夜のビーナスラインは野生動物の天国。特に鹿の飛び出しには気をつけたい。
真夜中の駐車場には先客の車が数台。夜明けを待ちながらの仮眠。

2019/9/14(土)、霧ヶ峰ハイキング。
当初は日の出後のスタート予定であったが、早くも5時前には動き出す人々の気配。
自分もつられて出発する。

IMG_1654


今日は予報通りの快晴で、遠くの山々が曙色の空にシルエットで浮かぶ。
圧巻の北アルプスオールスターズ。

IMG_1664


八ヶ岳連峰と富士山、それに南アルプスなど。

IMG_1670


眺望を楽しみながらも歩き出して30分後には車山山頂に到着。
特徴のある気象観測レーダーが見えて来た。

IMG_1673


山頂からは360度の大パノラマ。
北八ヶ岳と蓼科山。

IMG_1681


浅間山方面。

IMG_1684


そして遂に、蓼科山山頂部付近からのご来光を迎えた。

IMG_1694


神々しい光景に心が洗われる瞬間。
他の人につられたとは言え、早立ちした甲斐があったというもの。

IMG_1697


無事にご来光を拝む事ができたので、山頂からの絶景を堪能しながら暫しの朝食タイム。
爽やかな涼風が心地良い。

IMG_1690


その後は一旦下って車山乗越から蝶々深山への登り返し。
更に八島湿原へと向かうおだやかな草原状の尾根を歩いて行く。

IMG_1699


鞍部から車山山頂を振り返り。

IMG_1709


周辺には名残りの花々が散見された。
マツムシソウ、ヤマハハコ、アキノキリンソウ、ウメバチソウ、ツクバトリカブト、コウリンカ等々。
花シーズンに訪れるのも良さそうだ。

IMG_1714


蝶々深山から眼下に車山湿原と後方に車山。

IMG_1717


蝶々深山山頂には先行の女性2人組がいたので挨拶を交わす。
その2人は先へは行かずに戻って行った。
自分は北アルプスなどの眺めを楽しみながらのおやつ休憩。

IMG_1721


木曾の名峰・御嶽山。

IMG_1722


中央アルプス。

IMG_1723


花々を探しながら快適な草原のトレイルを歩いて行く。
朝露に濡れたツリガネニンジン。とても小さくて可愛い。

IMG_1729


物見岩からの眺望。

IMG_1733


眼下にはこれから歩く八島ヶ原湿原が見えて来た。

IMG_1734


水滴を纏ったヤマラッキョウ。

IMG_1736


ツクバトリカブトと言うらしい。

IMG_1743


八島ヶ原湿原入り口付近には初見のアサマフウロ。
ハクサンフウロも咲いていたが、比べると特徴が異なる。

IMG_1745


アキノウナギツカミはお花畑状態。

IMG_1748


マツムシソウとタムラソウ。

IMG_1753


今が盛りのワレモコウ。

IMG_1755


湿原では草紅葉の始まり。

IMG_1757


余りにも気持ちが良いので「最高!」って、歓喜の雄叫び。
と、その直後に前から見知らぬハイカーの姿。恥ずかしいので写真を撮っているふりして誤魔化す(^_^;)

IMG_1762


ここまで歩いて来た車山からのトレイルを振り返る。
多少のアップダウンはあるものの、これは山登りと言うよりもハイキングだね。

IMG_1763


湿原の花は端境期であるが、キク科の花やエゾリンドウが少々。

IMG_1772



IMG_1792


広大な八島ヶ原湿原をぐるっと周って行く。

IMG_1794


驚いたのはサラシナショウマの大群生。
山側の斜面にびっしりと咲いていました。

IMG_1814


これも初見の花・・・名前は不明?

IMG_1826


カメラぶら下げての散策には最高のところだね。
湿原の向こうに見えるのは鷲ヶ峰という好展望のお手軽山。

IMG_1828


あっ、野鳥さんだ。

IMG_1845


至る所に咲いていたマツムシソウ。
今日は眺望中心のハイキングだったので、自分には珍しく花撮りが少なかった。

IMG_1846


意外と大変だったのは車山肩への最後の登り返し。
その途中から車山湿原と蝶々深山の穏やかな尾根を望む。

IMG_1859


振り返ればこの絶景。
なるほど、八島ヶ原湿原がハート型に見える。

IMG_1861


ゴールの車山肩が近づいて来ました。
下山後のご褒美はヒュッテの売店にてソフトクリーム。

IMG_1862


スタートからゴールまで快晴、絶好の登山(ハイキング)日和。
初めての霧ヶ峰、いやいやナイスなところでした。
機会があれば花シーズンに再訪だね。

IMG_1863

さて、下山後は翌日の美ヶ原に備えて日帰り温泉と食料の調達に上田市方面へ。
10数km下った信州上田長和町の和田宿温泉「ふれあいの湯」で汗を流す。

その後、車中泊予定地の美ヶ原高原駐車場(道の駅)に移動。
計画よりも早目に到着したので時間を持て余す。
寝不足なので休んでいれば良いものの、じっとしていられないのが悲しいブロガーの性。
明日歩く予定の美ヶ原高原をプチ散策。

IMG_1873


午後になると雲が湧いてきて北アルプスは見えなくなったが、取り敢えず美しの塔まで行ってみた。

IMG_1888


夕刻までの数時間、ベンチで寝転がったり、山本小屋の外売店できのこ汁を頂いたり・・・
兎に角まったりと時間を過ごす。

IMG_1907


牛伏山からの夕景を楽しみにしていたが、雲が多く期待通りの美しいサンセットは見られなかった。
山頂では同じような考えの柏市からの男性と山談義。やはり今日は別の山に登って明日は美ヶ原との事。
話している途中で自分のイントネーションから栃木出身とバレてしまった。
あれれ?標準語を話している心算なのになぁ・・・(笑)

IMG_1917

車中泊は暗くなると何もすることが無いので6時過ぎにはシュラフの中へ。
今夜も眠れない夜を過ごす事となる。
さて、翌日の美ヶ原はどうだったでしょうか?

※今回のルートはこちら