2019/7/6(土)、梅雨の晴れ間を求めて福島県の磐梯山を歩いて来た。
この時期は磐梯山固有種のバンダイクワガタが見られると言うので数年前からロックオン。
今シーズンも2週間ほど前から計画していたが、天気がイマイチ優れない事で二の足を踏んでいた。
今週末もてんくらでは登山指数B~Cと登山不向きの予報。
その他のピンポイント予報やYama Yama GPVによれば曇り空ながらも降雨は無く登山可能の判定。
今年のバンクワは今週末がラストチャンスだろうと思い、早起きして片道135kmの裏磐梯へと車を走らせる。

白河市から天栄村~猪苗代への峠道を走っていると視界不良の霧雨となり落胆。
ところが猪苗代湖を過ぎた辺りから磐梯山が姿を現した。
これなら大丈夫でしょう!

P1210961


磐梯山に登るのは3度目となるが、今日は初めて歩く裏磐梯スキー場からの周回コース。
裏磐梯スキー場~噴火口~弘法清水~山頂~弘法清水~花畑~中ノ湯分岐~銅沼~裏磐梯スキー場の時計回り。
まずはスキー場のゲレンデを登って行く。

P1210964


やがて銅沼への分岐から左へ火口壁の急登へと取りつく。
静か~な森の中はプーさんとの遭遇率が高そう。
其処彼処に熊の仕業と思われる爪跡が残っていた。

P1210970


前方の視界が開けると荒々しい火口壁が眼前に迫る。

P1210971


これからあの稜線上へと這い上がるのだ。

P1210976


火口壁の急登を過ぎて傾斜が緩んできた頃にお目当てのバンダイクワガタ登場。

P1210978


ピークは過ぎていたがどうにか間に合った様だ。嬉しい~(*'▽')
立ち眩みの襲来にもめげずに暫しの花撮りスクワット。

P1210981


振り返って眼下に檜原湖や五色沼、秋元湖など。

P1210982


ここから山頂までは開放的な稜線歩き。
こんな雰囲気、大好きかも\(^o^)/

P1210985


沼ノ平方面の雰囲気もいい感じ~♪

P1210994


稜線に咲くミヤマアズマギク。

P1210995


ハッとする程鮮やかな朱色の花は帰化植物のコウリンタンポポ。
スキー場のゲレンデには沢山咲いていたけど、こんなところにも?

P1210997


他には花期最盛のマルバシモツケ、名残りのレンゲツツジなども咲いていた。

P1210998


更に標高を上げて行くと、まだまだフレッシュなバンダイクワガタ。
バンクワは予想以上に広い範囲で見ることが出来た。

P1220026


他にも薄ピンクのマルバシモツケ。

P1220032


ハクサンチドリ・・・と、お花畑が続く。

P1220033


振り返って櫛ヶ峰と後方に吾妻連峰。
来年の冬はミニスノーモンスターに逢いに行けるかな?

P1220037


弘法清水まで辿り着きました。
冷たい清水を口に含んでパワーをチャージ。一気に山頂へと向かう。

P1220038


山頂までは絶景と花々に元気づけながらの急登。

P1220043


雲海に浮かぶ飯豊連峰。

P1220047


足元にはゴゼンタチバナ。

P1220052


磐梯山山頂(1816m)からは360度の大パノラマ。

P1220064


存在感抜群ゼブラ模様の飯豊連峰。
何度も見ちゃいます(笑)

P1220065


櫛ヶ峰と吾妻連峰、眼下に大小の湖沼群。

P1220066


そして、山頂のバンダイクワガタ。

P1220055


ミネウスユキソウでしょうか?

P1220069


雲のベールに包まれた猪苗代湖。

P1220072


山頂の祠・・・

P1220074


山頂のバンクワさんともこれでお別れ。
またいつの日か会いに来ますね。

P1220080


弘法清水でのランチタイム後はお花畑を経由しての下山。

P1220086


お花畑と磐梯山。

P1220093


遠目にミヤマキンバイの群落。

P1220096


初見のグンナイフウロ。
山頂付近にも少し咲いていたけど、こちらのお花畑にはいっぱい。

P1220101


草むらに隠れるようにベニバナイチヤクソウ。

P1220103


森の中にはズダヤクシュの大群生。

P1220104


あっ、これは珍しい!久しぶりのショウキラン。

P1220110


中ノ湯分岐から銅沼方面へと下って行くと、コケイランの群れとの遭遇。
他にはベニバナイチヤクソウの大群生があったりと、中々楽しめるトレイルであった。

P1220114


銅沼から荒々しい火口壁を望む。
条件が良ければ逆さ火口壁の絶景が見られる。

P1220122



P1220125


裏磐梯スキー場のゲレンデトップまで戻って来ました。

P1220128


後はゲレンデのお花畑を眺めながらのんびりゴールまで。
もう少しするとヤナギランの群生も見られるようです。

P1220136

太平洋に近い関東や東北の一部は梅雨前線の影響で愚図ついた天気が続いている。
そんな中、僅かに離れた福島裏磐梯では好天の下での山歩きが楽しめました。
状況によっては途中撤退も考えていたが、予想以上に天気が良く念願のバンクワも見られたので大満足。
尚、今回のカメラは山用のPanasonicミラーレス一眼(GF7)。
先月の尾瀬ハイキングで標準ズームレンズが壊れて、その後修理に出していたのが戻って来た。
結局は修理不能で新品と交換。幸いにして11年保証に入っていたので3年目の今回は60%保証が適用。
購入時は店員に勧められうまい事乗せられたと後悔したが、実際に保証されると無駄ではなかったと実感。
少々使い方が粗いのでもっと丁寧に扱わないとね(^^;)

今回のルートはこちら。