2019/5/4(土)、GWのメイン山行に計画していた残雪期の会津駒ヶ岳に行って来ました。
残雪期は2017年5月の大戸沢岳~三ツ岩岳縦走以来2年ぶり。
アイコマ通算20度目の記念登山となりました。
今年のGW前半には期間限定の至仏山を予定していたが、前々日の降雪で金精峠が凍結の為にノーマルタイヤでは厳しいとの情報を入手して取りやめ。
ならばと、後半の会津駒ヶ岳に絞って天気予報と睨めっこ。絶好の登山日和がやって来ました。

午前5時55分ごろ、国道脇の登山口よりスタート。
林道をテクテクと歩いて行く。

P1200956


日陰部分にはまだまだ残雪あり。

P1200957


途中から林道を離れてショートカット。
咲きたてピカピカのイワナシめっけ♪

P1200958


いつもの階段の登山口。
この付近には殆ど雪がありません。

P1200962


営林署の看板を過ぎた辺りから残雪が増えアイゼンを装着。
そして急登の始まり。雪の壁を延々と登って行く。
雪のコンディションは悪く、アイゼンが効かず登りでも難儀する。

P1200963


マンサクやタムシバなどが咲き始め。

P1200966


森林限界を迎えるまでが長く感じました。いや、それからも長かったけど・・・(^^;)
登れど登れどゴールが見えず、久し振りに泣きが入った。

P1200969


それでもやがて視界が開け、右手に会駒の稜線が見えて来ると元気復活。

P1200972


左手には富士見林道の先に燧ヶ岳と至仏山。

P1200975


ノロノロの亀足ではあるが、着実に山頂へと向かって行く。

P1200976


素敵な湿原が広がるハイジの丘も今はハードルの高い雪の壁。
でも、あれを登り切れば・・・

P1200978


キターーーッ!!!

P1200986


予定よりも随分時間を要したが、どうにか駒ノ小屋に到着です。
ベンチに座って暫しの休憩。

P1200992


その後はいよいよ会津駒山頂へと向かう。

P1200993


今日は最高の展望日和で新潟側はドピーカン!

P1200995


途中で振り返って駒ノ小屋と燧ヶ岳。

P1200997


通算20度目の会津駒ヶ岳山頂に到着。

P1200999


まずは山頂からの大パノラマを堪能。
中門岳への神の稜線。歩いている人もいますね。

P1210004


三ツ岩岳方面。

P1210013


遠方には飯豊連峰もクッキリと見える。

P1210008


そして、再び燧ヶ岳~至仏山方面。

P1210012


越後の山々も最高に綺麗だ。

P1210016


2年前に歩いた大戸沢岳~三ツ岩岳への稜線。
トレースはそれなりにある様ですね。この数日間は絶好の縦走日和となった事でしょう。

P1210017



P1210019


こんな素敵な絶景を楽しんでいたら、これまでの疲れが一気に吹き飛びました。

P1210020


でも、今日はここ迄で精一杯・・・って言うか、もう、大満足。

P1210021


駒ノ小屋前のベンチでまったりと1時間ほどのランチ休憩。
正午を迎えた所で下山開始。

P1210023


北関東上空には積乱雲が発達し、どうやら雷雨となった様子。
こちら会津駒周辺は最高の展望日和となり、存分に楽しむ事が出来ました。

P1210024


樹林帯に入る前の最後の展望地で約30分程の休憩。
後ろ髪を引かれつつもアイ駒への想いを振り切って一気に下山。
歳を重ねるごとに残雪期登山はきつくなってきたが、無理せずに小屋泊計画ならまだ行けそうです。
今度はハクサンコザクラの咲く頃かな?
また来るよ。さようなら、そしてありがとう会津駒ヶ岳!