週末は最強寒波の影響で北方面の山々は大荒れ予報。
まだまだ雪山を歩きたい気分が勝っているが、仕方が無いのでどこかの里山歩きを計画。
そこで思いついたのが2013年4月以来約6年ぶり4度目の日光市・鳴虫山。
鳴虫山は駅や市街地からも近く、特にアカヤシオの時期は大勢のハイカーで賑わう。
1月27日(日)、コースは市営駐車場~神ノ主山~鳴虫山~合峰~独標~含満ヶ淵~駐車場の時計回り。
約4時間半。

塩谷町に入ると想定外の雪道走行。どうやら夜間に降り積もった模様。
神橋近くの市営駐車場よりスタート。
女峰山方面は雪雲に覆われ風が強そうだ。

P1190429 - コピー


薄っすらと雪化粧した日光市街地。

P1190432 - コピー


鳴虫山登山口。幾つかのバリルートもあるが、今回は一般ルートを選択。

P1190433 - コピー


最初の小ピーク、天王山。
展望はない。

P1190435 - コピー


天王山神社。

P1190436 - コピー


次なるピークの神ノ主山(842m)。

P1190437 - コピー


日光連山、高原山、日光市街地の展望良好。
・・・であるが、数年前に比べると樹木の背丈が伸びて見え難くなっている。

P1190438 - コピー


ぱふぱふの新雪に覆われた登山道。
傾斜が増してきたところで念のためにチェーンスパイクを装着。
登山道の積雪量は最初から最後まで同じくらい。まあ、靴底を汚すくらいか?

P1190440 - コピー


鳴虫山山頂(1104m)。

P1190441


樹間越しに望む男体山、女峰山。
樹木に着雪があればそれなりに絵になるが、今回の雪質では着き難い。
しかも強風。

P1190443


寒さに我慢できずにさっさと下山。
復路は急坂続きなので慎重に・・・。

P1190446


合峰(1084m)、こちらも風が強い。
ここから破線ルートを経由して銭沢不動へ下山の選択肢もあったが、軟弱なので無難な一般ルートへ。

P1190447


無難と言っても、暫くは急坂の荒れた登山道が続く。
途中、カラマツ林越しに男体山を望む・・・てな具合に、本日の眺望は〇〇越しに、という条件付きだ。

P1190448


独標(925m)にてランチタイム。
やれやれ、漸く腰を下ろす事ができた。

P1190452


その後は一気に下山。
含満ヶ淵の並び地蔵(化け地蔵)を通過。
化け地蔵は数えるたびに数が異なり、参拝者を化かすという謂れから、そう呼ばれるようになったという。
息子が幼少の時にその謂れを検証するためにわざわざ二人で訪れたことがあった。

P1190453


名勝、含満ヶ淵。
外国人が記念写真を撮っていた。

P1190457


こちらも外国からの観光客で賑わう神橋。

P1190461


アイゼンを履くほどでもなかったが、思わぬ積雪でプチ雪山気分が味わえた。
今回は風除けの為に選んだ樹林帯歩きメインの里山。
次は大展望の尾根歩きを存分に楽しみたい。