2018/12/23(日)、那須・茶臼岳に登り、2018年最後?の雪山を楽しんで来ました。
師走に入ってから厳冬期になる前の茶臼岳を虎視眈々と狙っていた。
那須岳と言えばやっぱり強風が難敵で、風が弱くなる登山日和を待ち続ける。
そして、3連休の中日に漸くそのチャンスが訪れた。
但し、天気は下り坂と言う事で午前中が勝負であろう。
7時50分ごろに大丸駐車場をスタート。その時点で既に3分の1ほどが埋まっていた。

冬期閉鎖中のロープウェイ山麓駅より望む茶臼岳。
予報通りに青空が広がる上々のお天気。冷え込みも弱く歩きながら衣服の調整。

P1180943


峠の茶屋から望む朝日岳。
多くの人はこの辺でアイゼンを装着するが、自分は駐車場から最初の階段を登ったところで装着。

P1180951


積雪は思ったほど多くないが、この時期ではこんなものであろう。
因みに登山口の狛犬は足まで見えていました。

P1180957


やはり稜線に出ると吹き曝しの風が冷たい。1度脱いだダウンを羽織る。

P1180958


漸く峰の茶屋跡避難小屋が見えて来た。

P1180961


右手には白い剣ヶ峰と迫力の朝日岳。

P1180963


峰の茶屋跡で様子を見ながら休んでいると、結構な人が朝日岳方面へと向かって行く。

P1180966


雲の広がりが気になるも、自分は予定通りに茶臼岳へ。

P1180967


登りながら振り返る。
今日は南会津や越後の山々の眺望は得られないが、裏那須の真っ白な稜線が見えただけでも御の字。

P1180972


山頂からは飯豊が見えるかな?
展望を楽しみながら登って行くと、途中で見覚えのある方が下山して来た。
昨年11月に月居山でバッタリしたテントミータカ(mikagemori)さんでした。
思わずお声がけして暫しの山談義。
またどこかでお会いしましょうと、握手を交わしてのお別れとなった。

P1180973


テントミータカさんにお勧め頂いたシュカブラなどを撮影。

P1180975


テントミータカさんの様に巧く撮影できませんが、雪と風が造り出す自然の芸術は実に美しい。

P1180976



P1180977


さて、高みを目指して1歩、1歩・・・。

P1180978


あれれ・・・?!
お鉢周り分岐付近まで来るとあっという間に辺りが真っ白。

P1180979


それでも山頂では大展望が待っている事を疑わずに歩を進める。

P1180980



P1180982


鳥居を潜った先は・・・

P1180983


はい!乳白色の茶臼岳山頂でした。

P1180984


いつもなら晴れ待ちでのんびりしたいところであるが、風も強くなり身の危険を感じる程。

P1180985


山頂滞在10分程でとっとと下山。
復路はお鉢周りを経由したが、数メートル先が見えずにコースアウトしそうであった。
前半の好天気から一変、冬山の厳しさを垣間見た。

P1180986


取り敢えず安全地帯の峰の茶屋跡まで戻ってランチタイム。
寒いので避難小屋の中に入りたかったが、アイゼンを脱ぐのが面倒で外での休憩。
なんと!同時刻に小屋の中では某登山アプリ仲間の蘭丸クンさんとにゃおきさんご一行がランチ中。
超ニアミスでした。お会いできずに残念!

P1180987

今回は出発があと20~30分早ければ、と悔やまれますが、まあ、これは仕方のない事です。
眺望リベンジのチャンスはまた近いうちに訪れるでしょう。

さて、年内にもう1座くらいは山歩き出来るかな?