2018/9/26(水)、有給休暇を取って紅葉が見頃となった那須岳を歩いて来ました。

P1160761


今日の有休取得は先週のうちに決めていたが、どうも天気予報がコロコロと変わって怪しい。
半分は諦めかけていた山歩きであるが、直前の予報が良くなったので決行。
で、またまた来ちゃいました。大好きな那須岳へ・・・(*'▽')
3日前(23日)は朝日岳~三本槍岳だったので、今回は茶臼岳から高雄口の紅葉を偵察して姥ヶ平でまったりプラン。

曇天平日の那須岳は駐車場も余裕。
ガスガスの中をしっとりと濡れたリンドウの咲き残りを愛でながら歩き出します。

P1160718 - コピー


真っ白で周りの景色は殆ど見えない状況であるが、ガスの切れ間から視界に入る雰囲気は紅葉が進んでいる様子。

P1160723 - コピー


視界不良の中を茶臼岳目指して登って行くと、下山してくる若い女性が熊避け鈴を手に持ってジャラジャラ鳴らしている。
随分大袈裟だな?もしかしてオイラを熊と見間違えているのかな?
なんて思っていると、「たった今、山頂に熊が現れたので気を付けて下さい」だって!
その女性曰く、一人で山頂にいると、ガスの中からこちらに向かってくる黒い物体。
最初はお釜口を周って来た登山者かと思っていたら熊だった・・・と。
人の存在に気付いた熊は急斜面を西の方角に駆け下りて行ったとの事です。
まあ、那須に熊が居ても不思議じゃないけど、餌もない茶臼岳山頂まで来るとはビックリ。

自分も熊鈴を出して山頂へ。
すると、予想通りにガスが切れてきました。
但し、東側は雲の位置が高く眼下に広がる雲海は見えず。

P1160726 - コピー


山頂の西側に周るとこの展望。
青空と雲海の絶景が広がります。

P1160733 - コピー


今日はこれだけでも十分に得した気分。
その後、東北~関東の百名山を登りに関西からやって来た年配の男性が到着。
昨日は雨の会津駒ヶ岳、そして今日は那須へ。明日は筑波山を登られると話していました。

P1160734


山頂からの絶景を堪能した後は、昨年と同様に高雄口の紅葉を偵察に。
生憎とガスっていたので全容は掴めないが、今年も綺麗に色づいている様子が窺われる。

P1160740


牛ヶ首から姥ヶ平を俯瞰。やっぱり西側は晴れています。

P1160746


紅葉はこの3日間で5割程に進んでいる。

P1160747


間違いなく今度の週末で見頃を迎える事でしょう。

P1160750


日が陰っているのでちょっと暗いですけど、色合いも鮮やかな今年の紅葉。

P1160756


日ノ出平の斜面もきれい~。

P1160758


さて、最初の予定では姥ヶ平でまったりであったが、朝日岳北側の紅葉がどうなったか気になる。
と言う事で、姥ヶ平には下りずにここで登り返し。

P1160759


日ノ出平、姥ヶ平の紅葉を眺めながら峰の茶屋跡方面へと向かう。

P1160762


峰の茶屋跡で小休止した後に朝日岳方面へ。

P1160769


剣ヶ峰トラバース道のリンドウ。

P1160770


霧で濡れた岩場を慎重に登って朝日の肩へ。辺りはガスで真っ白。
今回は朝日岳山頂には登らずに1900m峰から望む紅葉を楽しむ作戦。
熊見曾根への登りで茶臼岳で熊情報を教えてくれた女性と再びスライド。

P1160776


ピークのベンチでランチタイムとガス晴れ待ちの為にスタンバイ。

P1160777


一瞬の切れ間を狙っての撮影タイム。

P1160778


三本槍岳までは見えなかったが、清水平は何とか・・・。

P1160781


朝日岳方面も時々見えるようになった。

P1160784


大好きなアングルなので何枚でも撮っちゃうね(笑)

P1160786


で、またまた清水平・・・って、ピーク一帯を行ったり来たり(笑)

P1160787


今日はこれが精一杯だったかな?

P1160789


いやいや、これだけ見られれば十分。
至福の一時を堪能した後に下山開始。

P1160791


ガスの切れ間を待ちながらの亀足下山となりました。

P1160795


熊見曾根方面の紅葉。

P1160796


朝日岳の斜面を3枚連続で・・・(笑)

P1160800



P1160804



P1160805


後ろ髪を引かれつつ振り返って。

P1160807


1900m峰、後方に中ノ大倉尾根。

P1160808


全体を通してはガスの多い天気でしたが、ガスの切れ間から見えた紅葉の絶景は素晴らしいものでした。
僅か3日間でこれだけ進むとは想定外。
今度の週末は最高じゃないかな?