散歩の途中で分け入った森の中で偶然に見つけた初見のナンバンギセル。
思いもよらぬ大収穫にルンルン気分でその場を後にする。
普通ならばこのまま帰るところであったが、この日は何故か違っていた。
森の中には幾筋かの山道(踏み跡)が派生しており、その中のひとつがとても気になった。
何かに導かれる様に足を踏み入れると・・・
或る一角に白っぽい花が密集しているのが見えた。
もしかして、これがミヤマウズラ・・・?!

P1160471

そう思って一人で興奮していたのですが、帰宅してから調べるとどうやら違うようです。
葉っぱの特徴からしてその正体はシュスランでした。
いずれにしてもこちらも初見の花でした。
数年前に某所でアケボノシュスランを見た事はあります。

※シュスラン(ビロードラン)
常緑の葉はビロード質の照りがあり、中央に入る白筋が良く目立つ。
って、葉っぱにピントが合ってないですね(;^ω^)

P1160465

因みにミヤマウズラも同じラン科シュスラン属で、葉に網目状の斑が入る。
私はラン科の花を見分けるのは不得手ですが、これで一つ学習しました。