2018/8/18(土)、奥日光の隠れ名瀑と言われる赤岩滝への冒険に行って来ました。
中禅寺湖西岸に流れる柳沢川の上流深く分け入った奥の錫ヶ岳直下に位置し、落差100m、幅7mの日光最大級と言われる赤岩滝。
西ノ湖入り口分岐からおよそ4.3km、2時間を要し(実際には1時間半)、数回の渡渉を繰り返してやっと辿り着く秘境的エリア。
コースは道標等も最小限で一部不明瞭な箇所があるが、ペンキマーカー、リボンなどの案内があり迷う事はないでしょう。

赤沼車庫から8時45分の低公害バスに揺られて西ノ湖入り口まで。本当は8時のバスに乗りたかったが3分の遅刻(^_^;)
そこから歩いて赤岩滝の道標に従い右折、暫しの林道歩き。
赤岩滝までは先行の男性ハイカーが一人。
初めてのコースで不安であったが、これで安心した。
ところがこの男性、めちゃくちゃペースが速くあっという間に見えなくなってしまう。

P1150809

ハイペースの男性につられて自分もややオーバーペース気味。
マイペースを保つために途中で花撮りスクワット・・・いや、大きな花なのでスクワットはないか(^^;)

林の中は一面シロヨメナのお花畑。

P1150821


カリガネソウの群落も其処彼処に。

P1150847


林道終点が近づく頃に最初の渡渉ポイント。
飛び石を慎重に超えながら対岸へと移る。
河原では先行の男性とは別の高齢の男性が素っ裸で水浴び中。

これまでの猛暑ならば自分もジャブジャブと川の中へ入って水遊びしたかったが、今日は肌寒い位の気温なのに冷たくないのかな?

P1150817


ここまで来ればコースも後半。
柳沢川の清流を眺めながら右岸沿いの道を緩やかに登るとても気持ちの良いコースです。

P1150818


その後、2度、3度の渡渉を繰り返していよいよ核心部へ。

P1150822


赤岩滝下流の滑滝に到着。
正式ルートはここから渡渉して右岸に行くが、水位が高いので左岸沿いの急な崖を強引に登ってしまった。
確かに踏み跡があったが、これは間違い。赤岩滝の見えるポイントまで行くと先行の男性がいた。
お互いにここは違いますね。対岸に渡りましょう。と言う事で仕切り直し。

P1150823


右岸に渡ると難なく赤岩滝の真下に到達。
再び渡渉をして滝の左岸を登って行くと中段まで行く事ができた。
先行の男性を入れると滝の大きさ、迫力が伝わるかと・・・?

P1150834


赤岩滝は4段になっているとの事だが、ここから最上部までは見えないのかも知れません。

P1150837


折角なのでお互いに記念写真の撮影会。

P1150844


ハイ、もう一丁!

P1150845


その後、後続のハイカー(カップル1組と素っ裸で水浴びをしていたおじさん)がやって来たので入れ替わる様に下山。
西ノ湖入り口からはバスで帰る予定であったが、なんと50分待ち。
仕方がないので小田代ヶ原まで歩いて戻ることに。

P1150848


弓張峠までの静かな遊歩道で出会ったのはクワガタと猿の群れ。
それとソロの男性のみ。

P1150851


峠が近づく頃にはシロヨメナのお花畑が出現。
今が盛りです。

P1150853


漸く小田代ヶ原まで辿り着きました。

P1150860


余力があれば戦場ヶ原周回も考えていましたが、もう随分歩いたので足が悲鳴を上げています。
無理をせずに低公害バスで赤沼車庫まで戻る事にしました。

P1150863


噂に聞いていた奥日光の隠れ名瀑・赤岩滝へのプチ冒険。
初めてのコースでドキドキワクワクでしたが、先行者がいた事で勇気づけられました。
また、その先行者も後続の私が着いて来たことで安心したとの事。

赤岩滝へ無事に到達したときの感動、嬉しさが記念写真の撮りっことなりました。
今度はジャブジャブと水遊びを目的で再訪してみたいな~。